二教尽くし~動いている間に形を作っておく

Day109   藤沢合気道会  2019.6.9  2019.10.5

今日は二教の稽古が多かったです。

二教尽くし

正面打ち二教(表)

掛かり稽古方式。

一教と同じで体と腕で一緒に前に出ること。
相手を腕でドーンと突き放さない。

畳に崩してから、相手の手を二教に取っていたけど「そろそろ途中で取れるように練習してね」とのこと。

空中で取るのは難しい。
まずは腕を自分の膝に押し付けた状態で取るところから。

正面打ち二教(裏)

大きく相手の裏に入る練習。
さ~っと180度くらい円を描くように、相手を導く。

相手が崩れたところで二教にとって、低い位置のまま自分の肩口につける。
その手が外れないように、もう片手で押さえておく。

相手が起き上がってきたら、二教を決めて、畳に崩す。

この時、Fさんが後ろに下がって、相手が起き上がり過ぎないようにしているのかと思った。
真似したら全然うまくいかない。
Fさんが完全に立ち上がってしまって、二教にならない。

Fさんは相手に寄って、それから相手の体ごと移動する感じで崩しているそう。
ここ(受けの背中)から連れて行く感じ」かなり近い。
私のように、相手から離れてしまってはダメだと分かった。

近付くと相手が起き上がる→相手ごと移動しながら二教を極めて崩すって感じかな?

相手が畳の上に崩れたら、手は緩めないまま、自分のお腹から相手の腕に寄っていくことで、相手の肘を返す。
そして最後の極め。

ここで変に「痛くないかな?」と手を緩めたり離したりしない。
自分の体で相手の肘を返すのは自然な動きなので、相手を傷めない。

確かに、肩が固い私でも、そんなに痛くなかったので、大丈夫そうだ。
(一教(裏)のように相手の後ろに入りながら崩すのではなく、体勢崩れた相手をそのまま畳に押し付けるようにしていくやり方)

交差取り二教

相手のお腹の方に背中で入り身しながら、持たれた手を内側から回して相手の手首にかける。
この時、相手の手首が90度に曲がっているように。
もう片手は、その手が外れないように上からおさえる。

自分のお腹に向かって、ローラーが回転するようにまわす。

Nさんは動いている間に相手を下へ誘導して、上がってきた時にはもう二教の形になっている。
動いている間に形は作っておくこと。

二教は手首を極めるものなので、相手の手首が90度になっていることが大事。

本日の稽古内容

片手持ち四方投げ

自分のお腹の前の線、カッコいい言い方でいうと「正中線」から腕が外れないように心掛けた。
腕がぶれたり、転換して相手の腕の下をくぐるときにぐらつく。

天地投げ(表)

天(上)の腕と同時にそちらの足も出すようにする。
腕だけで動かさない。

正面打ち一教(表)

数人で組になり、ひとりずつテンポよく打ち込んでいく掛かり稽古方式。
これも、腕だけで前に出ず、体と腕と一緒に前に出ること。

受けは、なるべくお腹を相手に向けて粘る。
すぐに背中を相手に向けない。

正面打ち小手返し

二教(裏)の練習と同じように、裏に入って、相手を大きく誘導する。
それから向き直って小手返し。

飛び受け身、後ろ受け身に逃げずにやれるようにはなったけど、軌道が安定しない。
着地が腰だったり、背中だったりする。

Wさんに飛び受け身を教えてもらう。
勢いつけない。
自分で飛ぼうとしない。

前受け身するつもりで頭から入り、肩甲骨で畳に接するつもりで。
低い位置から受け身する。
相手に持たれた自分の手を、もう片手で押し下げるようにしてもいい。

Wさんはコロ~ンと自然に転がっている。
空中にいない。

私は足で蹴って踏み切るので、滞空時間があり、そこから落ちるので衝撃が生まれる。
もっと低い位置まで下がらないといけない。

片手持ち呼吸投げ

出来ると思ったら、全然できなかった。
もしかして、ずっとテキトーになんとなくやっていたんだろうか。
まずい。

相手の外側に入り身。
転換して相手と背中合わせになる。
ここまではなんとか出来るようになった(と思う)

持たれた腕と足を一緒に動かして投げる。
ここで、最後の形がおかしい。
Oさんと全然違う。

あれ?足が逆?となったところで時間切れだった。
残念無念。

もしかして体の向きが変だったのかも、と後で思った。
投げる方向(前)ではなく、相手にお腹向けてたから?
いや、その前の動きから違ったのかな?

来週、Oさんが時間ありそうだったら聞いてみよう。

追記 : 次の週、聞いてみた。出来なかった。そして、どんな技だったか記憶も薄れてきた。また稽古でやる時を待とう。2019年6月

半身半立呼吸法

座っている人の両腕をつかみに行き、投げてもらう。
この時、投げられる方は体の力を抜き、肘も伸ばし、畳にのめり込むように受け身する。

投げる人は、相手が近づくのに合わせ、下から腕を上げていく。
腕が上がってきたから、相手は思わずのけぞりながらつかむ。
のけぞっているから、投げることが可能になる。

漫然とバンザイした状態で相手につかまれたら、投げるどころか、転がされるのがオチ。

最後に

今日の片手持ち呼吸投げのように、動き方は分かるだろう、と思ったのに、分からないまま時間切れになると、すごく焦る。
初めてだったり、複雑な技だったりしたら、まだ仕方ないなぁと自分を慰められるんだけど。
スポンサーリンク