稽古再開~ウィズ・コロナ時代の稽古

(Day184は腰越合気道研究会)
Day185 A.K.I.鵠沼 2020.6.20   Day186 藤沢合気道会 2020.6.21 
2020.6.28

市の施設が使えるようになり、稽古再開です。
嬉しい反面、体力的についていけるか心配。

ウィズ・コロナ時代の稽古

合気会や行政の指導に則り、コロナの感染予防策を取ります。
検温・手洗い・うがい・消毒・マスク着用などです。

非接触で距離を保つ必要があるので、今までと同じ練習はできません。
受け身練習や木刀を使うなど、先生方が工夫してくださいました。
コロナ時代の稽古
杖と木刀で距離を確保
接触稽古は禁止
濃厚接触作戦失敗

久し振りの前転と受け身で、目が回りました。

完全に体が鈍っている。

そして追い打ちをかけるのがマスク。
暑いし、苦しいし、息を吸うと顔に貼り付く。

ランニング用のフェースカバーの人がいたけど、貼り付きにくく、息が首の方に抜けて良さそう。
次週までに用意したい。

木刀の稽古

木刀の使い方

鷲掴みにせず、テニスラケットや包丁のように持つこと。
鷲掴みにすると、人差し指の付け根に豆ができる。
正しく持てば、薬指の付け根に出来るはず。

まっすぐ中心線で振る。
ある先生は天井から糸を垂らして、それに沿って振る練習をしたそう。
左手だけで持って、まっすぐ振る練習もいい。

振り終わった時、自分のお腹の前に柄がくること。
おへそから、こぶし1個分くらい前の場所。

振り終わった時に、雑巾絞りの要領で、両手の甲が木刀の上にくる。
こうやって、最後に自分の体重を刀にのせる。
体重をのせることで、相手の刀を抑えることが可能になる。

岩間の道場では、毎朝古タイヤに向かって100回振る。
タイヤに当たって跳ね返らないように、最後にぐっと体重をのせる練習。
昔は藁を使っていたらしい。

木刀振り

四方斬り

前→後ろ→後ろの右足を踏み出しながら、90度右へ斬る→後ろ

1~4の素振り

2の素振りは、腕を振り上げた後、右足を大きく1歩下げる。
また右足を大きく踏み出して斬る。

突きは自分のお腹に柄頭をつけた状態で、体ごと前へ出る突きと、腕を前へ出す突きがある。

私の素振りの課題

振り慣れていない、振る練習が足りない。
これに尽きる。

振り終わった時の形が定まらないし、妙に肘が突っ張ってしまう。
あるべき場所に収まりつつも、肘・肩の力は抜けて、手の内はしっかりと握れるようにしたい。

「回数振って練習するしかないね」とのこと。
はい。仰る通りです。

スピードの問題もある。
皆で掛け声かけながら一緒に振ると、遅れてしまう。

剣の講習会の先生が、本当に美しい振り方で、振りかぶった木刀が背骨にピタッとくっつく。
背中の真ん中にまっすぐ木刀が来て、そこから振り上げて斬り下ろす。

素振りの時は、しっかり背骨につくまで振りかぶるのが練習になるらしい。
ちなみに、組み太刀の時は、遅くなるので、そこまで振りかぶらない。

背骨まで振りかぶってる間にどんどん遅れる。
やっぱり練習が足りない。

組み太刀の課題

体術と同じで、まっすぐ入り身出来ずに、よけて大回りしてしまう。
相手の動きに合わせて、まっすぐ最短距離で入らないといけない。

半身が中途半端なのもあると思う。
しっかりした半身なら、紙一重でも相手の太刀には当たらないはず。

斬り終わりに体重が刀にのっていない。
しっかり半身の状態で腰を落とし、安定させる。

今週の稽古内容

土曜日の稽古

1~6の木刀素振り

1~4の組み太刀

片手持ち呼吸投げ

相手を崩すと同時に、自分の腕が相手の肘・肩にのっていること。
そのまま首を斬り上げるように投げる。

片手持ち呼吸投げ

持たれた自分の腕と相手の腕を一体化させる。

正面打ち一教

遅くとも、相手が振り上げた頂点に達する時までに入る。
相手の肘を耳にぶつける軌道を使う。
相手の肩が一番低くなるように押し下げる。

日曜日の稽古

受け身練習

前転
前受け身・コーンを置いて前受け身
後ろ受け身

木刀素振り

正面斬り
前後斬り
腰を落として斬る
四方斬り

舟漕ぎ運動の要領で相手と一緒に動く練習

1回ずつ流れを切らずに、一連の流れで行う。
吸い込んで、放出する。
整理体操の腹筋も、この吸込みと放出を意識するといい。
スポンサーリンク