天地投げ~ネーミングが明快で、動きがイメージしやすい技

Day102  藤沢合気道会  2019.5.5  2019.9.18

今日は少年部クラスと一緒にレクリエーション・稽古・お祝い投げと盛りだくさんでした。
稽古は、半分くらい天地投げでした。

天地投げ

天地投げは、昔から好きな技です。
ネーミングが明快でイメージしやすいから。

合気道を始めたての頃、なかなか技の名前が覚えられませんでした。
天地投げは、一番最初に名前と動き方を覚えることができて、嬉しかった。

片手を天(上)、もう片手を地(下)へ向けて、投げる。
おお、そのまま!分かりやすい!
その上名前もカッコイイ!
合気道の天地投げ
でも、上手く出来るかと言うと、そうでもない。
やればやるほど奥深くて、ドツボにはまります。

天地投げ(表)

相手を誘い込みつつ、自分のお腹の前に立てた棒に滑らせるように、上下に腕を動かす。相手のお腹が出て、体が伸びあがったら、1歩踏み込みながら投げる。

相手の体の伸びが足りない場合は、そのまま前に歩いていくと、相手は崩れる。

天地投げ(裏)

自分が動いて相手を誘い込む。
相手が動かないと上から投げつけがち。
そうせず、さらに自分が動くこと。

相手が自分の脇の下に誘い込まれるまで動いていく。
持たれた腕を力ませると脇が開いてしまう。
力を抜き、脇をしめる。

また、持たれた手の手刀を張りすぎて(力みすぎて)つかんでいる相手の手の平が腕から離れてしまう。
力を抜いて、その部分が離れないようにする。

掛かり稽古で天地投げ(裏)

持たれた腕は自分のお腹の前で肘を畳む。
それから上げていく。

闇雲に腕を上げようとしても、動かせない。
つかまれる前から「始まっている」意識を持つ。

自分から動きながら、相手が脇の下まで誘い込まれるのを待つ。
受けは、勝手に受け身を取るのではなく、自然に吸い込まれるまでついていく。

後ろ両手取り天地投げ

最初につかまれる手はお腹の前に固定。
後からつかまれる腕を螺旋に上げて抜ける。

下の腕を張ると相手のお腹が出る(体が反る)そのまま相手をゆっくりストレッチさせるようにしながら下ろす。

レクリエーション

子ども達と一緒に3グループに分かれて、中央に置いたお菓子を箸でつまんでそれぞれの陣地に集める。

左手の時は、四苦八苦。
たまには左手で箸使う練習して、両手偏りなく使える練習をしようと思いました。

本日の稽古内容

座技正面打ち一教

先生の一教は、膝行で動かず、その場で相手の力を誘導して畳へと抑える。
難しい。

座技正面打ち二教(裏)

最初に二教を決められた時、受けは自分から背中を伸ばすようにする。
背中を伸ばすどころか「肘を緩めて」と言われる始末。

体を固め過ぎている。
緩める意識を持って、受けをしないと。
私は力んで固まりやすい。

肩周りがすっきり軽くなる。
そして痛みも後を引かない。
上手に極めてもらうとマッサージ効果絶大!

掛かり稽古で両手持ち呼吸投げ

相手につかまれると同時に座って投げる。
受けは飛び受け身。

今日の飛び受け身の軌道はうまくできた気がする。
背中で着地できた。

考えすぎると体ひねって、横の腰骨で落ちるので、頭から飛び込むことだけイメージした。
しばらくこのイメージでやろう。

掛かり稽古は3人1組だったので、すぐ順番が回ってきて息が切れる。
暑くなってきたし、体力が必要。

座技呼吸法

両腕をしっかり均等に張って、上げていく。
腕で回すのではなく、相手の脇の三角部分に体ごと飛び込むイメージで、大きくハンドルを回すように。

飛び込むと同時に足もついて行って、相手の脇できちんとおさえる。

お祝い投げ

後稽古では、お祝い投げで昇級した我々が皆さんに投げてもらった。
真ん中で投げ続けられるというのは、普段の反対で新鮮。
スポンサーリンク