突き指~原因は取りが速過ぎるからではなく、自分自身

Day125  A.K.I.鵠沼 2019.8.12 2019.10.22

後ろ両手取りで突き指

S先生の得意技は呼吸投げだと思います。
特に、相手が勢いよく来るのを、絶妙なタイミングで腰を切って投げる技。

手加減していただいても、私にとっては速い。

後ろ両手取り呼吸投げ(相手が腕を取りに来るのに合わせて、腕を切り上げながら、後ろに向き直って投げる。受けは後ろ受け身)で先生に組んでいただきました。

走り寄って、先生の手首を持つ。
背後に回って、もう片手をつかもうとする。
タイミング合わせて動き始めた先生の背中に、私の手が当たる。

グキッ。
親指が先生の背中に刺さる。
突き指…。
合気道の後ろ両手取りで突き指

後で先輩に「どうしたら突き指せずに後ろ両手取り出来ますか?」と質問。
「突き指?なんで?!」と驚かれる。

説明してもらって、自分の間違いが判明。
取りが動いてるのだから、受けもそれに対応しないといけない。

(相手の手をつかもうと)出していた手も、そのままにしない。
この場合は、取りの背中が自分に向かってきているのだから、手刀にしておさえようとするはず。

なるほど。
そうすれば突き指するわけがない。

でも、あの速さに対して「つかもうとしてから、手刀に切り替える」は無理かも。
最初から、手刀部(小指~手首の間の横部分)が前にくるような手刀っぽい形で後ろからつかみに行こうと思う。
そうすれば、後ろ両手取りの自由技にも対応できるはず。

指がバラバラした状態でぶつかるのは怪我の元。

指は弱いので、気を付けないと。
⇒危険な0.5cmと指の側副靭帯損傷~人間の指は意外と弱い

横面打ちの受けも、顔への当身に対するガードを作っておかないと、間に合わない。
それと同じで、最初からきちんと対応策を考えた上で、受けを取る必要がある。

本日の稽古内容

片手持ち入り身転換

相手に手を取られる寸前に動くやり方は、まだ動ける。
がっちり手を持たれてから動こうとすると、腕に力入り過ぎて上手くいかない。

片手持ち呼吸投げ

(表) 相手に真っすぐ入り身して、投げる(後ろ受け身)

(裏) 外側に転換して相手を受け流し、そこから向き直って投げる(後ろ受け身)

受け流した後、相手が大きい場合は特に、上下運動を使って崩す。
体を沈めて、下方向に動かして崩し、そこから大きく腕を回して投げる。
離れないで、相手にぴったりついて、相手の横から自分のお腹で押していく感じ。

座技胸取り一教

持たれてない側の腕で相手の顎に当身。
持たれた側の腕を水平にして後ろに回すイメージで体を開き、相手を崩す。

胸取り対応策

胸取りしてきた相手の状態により、いろいろな崩し方がある。

相手が肘曲げて引っ張ってくる時

引っ張られた勢いで近付き、自分の肘を相手の首に差し込むようにして、呼吸投げ。 

相手が腕伸ばしたまま引いてくる時

相手のお腹側に入り身して、腕抱えて座り込んでの呼吸投げ。

相手が腕を突っ張っている時

自分の腕を上にかぶせて、肘固め。

後ろ両手取り呼吸投げ

動きに合わせて、相手が取りに来た側の足を後ろへ引く。
手はお腹の前に固定しておく。

もう片方の足は少し前に出す。
同時に両腕を上に張る。

絶対後ろのめりにならない。
体はまっすぐか、わずかに前。
重心は前。

きちんと出来れば、相手は前のめりにバランス崩れるはず。

両手をお腹の前に集めながら、すっと腰を落とす(前受け身)
体はまっすぐを保ち、顎だけ引く。
相手が自分の上を(飛んで)通る時、ぶつからないようにする。

稽古のお土産

  • 左親指の突き指
スポンサーリンク