目的を間違えない~痛くするのではなく、動けなくする

(Day148は腰越合気道研究会)
Day149  藤沢合気道会 2019.10.20 2019.11.13

目的を間違えない

T先生のお話。
「目的を間違えないでね。極めが痛いか痛くないか気にしがちだけど、痛くするのが目的ではなく、相手の動きを封じるのが目的。
痛くないのに、相手が動けないのが、一番すごい。痛くすることが目的にならないように。
極めの目的は動きを封じること
極めの目的は相手の動きを封じること
極めが甘く「効いてないよ」と注意される→試行錯誤する→「イテテ、効いてきた。いいんじゃない」というのは、よくある光景。

「痛い=出来てる」と勘違いしそうになる。
気をつけようと思います。

初段審査への準備

ずっとIさん聞きたかったことを質問してみた。
初段審査に向けて「体力つけようね」って、T先生に言われましたか?

「特には言われなかったです。」

でも、初段受験者は二段審査の受けをする。
かなりハード。
今の状態ではまずいと思い、受けを改善しようと鍛えたら、自然に体も絞られたとのこと。

なるほど~。
先生に言われずとも、自ら考えて行動する。
さすが大人なIさん。(年齢的には私も立派な大人ですが)

先生に指摘される私は、さらに努力して「やれる体」を作らないといけないな。
寒くなってくると、体が甘いものを欲するのよね~なんて言ってる場合じゃない。

本日の稽古内容

座技正面打ち一教(表)

正面打ち一教

最後でおさえる場所は手首の少し上と、肘の少し上。
手首の方おさえた位置に、片方の膝をつけ、もう片方は脇腹。

諸手取り一教

まず、しっかりと入り身転換して、相手に並ぶ。
腕力だけで何とかしようとするのは無理。まず180度入ること。

木刀を振りかぶるように、腕を上げる。
相手の上腕部を持って、一緒に座ると崩れる。

諸手取り呼吸投げ

今度はお腹側に入り身する。
肘あたりを持ちながら、座って投げる(飛び受け身)

これ、難しい。
しかも、参加人数が多いので、狭い。
先生もすぐに「やめよう。危ない」と次の技になった。

諸手取りニ教

二教にとって下がりながら、相手の背中を真っ直ぐのばしてストレッチさせる。

しかし、私は上半身固いので、背中ストレッチまで行かない。
肘や肩で固めてしまっている気がする。

諸手取り呼吸投げ

畳につけた手をガッチリ持たれたところから。
腰を落とし、自分のお腹の前から木刀を振りかぶるようにしながら、立ち上がる。
そうすると、動ける。

四方投げのように腕をくぐり、座る(後ろ受け身)

Iさんと組む。
「私とこれをやると、体力つきますね。ちょうどいいですね。」
確かに。下半身が筋肉痛になりそう。

二人掛け

片手は自分のお腹につけ、もう片手は自分の中心線上にあげながら、抜ける。
受けを重ねてひとまとめにする。

そのまま座る。
相手を投げようとしない。

半身半立ち呼吸法で受け身練習

取りの時、両腕の肘を伸ばす。

4本続けて、流れを切らずに投げる。
スポンサーリンク