やれる体を作る~私に必要なふたつのこと

Day160   藤沢合気道会 2019.11.24  2019.12.4

今日は飛び受け身をたくさんしました。
少しは受け身できるようになったと思っていたけど、まだまだでした。

受け身出来る体になるために、私に必要なもの2つがはっきりした。
  • 柔らかさ
  • 腹筋

柔らかさ

飛び受け身、一応できるけど、過剰に飛んでいる。
Miさんに「そんな飛び方してると、その内腰痛めるよ」と心配される。

固いんだよ。もっと柔らかく飛ばないと…まあ、最初の頃よりは良くなったけどね」
ちょっと嬉しい。

「そうですか⁈良くなりました?」
「うん。最初はガッチガチだったからね。」
…あれ?あまり嬉しくないかも??

でも、改善してるなら良かった。
Fさんにも「そんなに飛ばなくていいから、自然に受けて」と言われる。

小手返しを自然に受ける、自然に…過剰に飛ぶか、中途半端な後ろ受け身になってしまう。
難しい。

私は頭を中心に縦回転で飛ぼうと踏み切ってしまう。
足で床を蹴って反動つけている。

上手い人は自然に横回転?してるのかな。
蹴ったりしないで、最短距離で自然に落ちる。
激しく畳に衝突しない。

「自分では無意識にやってるから、うまく教えられないな」とFさん。
柔らかい人はあれこれ考えなくても、自然に受け身とれる。

いろいろと柔らかくなりたい。
特に股関節と肩甲骨周り。
それから動く時の感覚。

腹筋

普段は投げられる時、受け身の反動を使って起きている。

でも、T先生の半身半立呼吸法の受けは、反動が使えない。
先生の投げは、体が畳にのめり込む。
グググッと畳に埋め込まれる感じ。

いつものように反動で起きようとしたけど、体は畳に貼り付いたまま。
あれ?と足をジタバタ。
腹筋使って」と先生。

確かに腹筋を使わないと起き上がれない。
片手は先生に持たれたままなので、腕も使えず、腹筋のみで起きる。
これ辛い。

先生が片方の手を握ってるだけなのに、自分の体が倍以上に重く感じる。
数回投げられただけで、お腹が痛くなってきた。
私の腹筋、弱過ぎ。

受け身ってこんなに腹筋使うんだ。
いつも平然と先生に投げられている先輩方、実は 脱いだら凄いのでは 腹筋割れてたりして…

腹筋を鍛えようと思った。
目指せ シックスパック 受け身のできる体。
起き上がる時に反動使う腹筋使う
腹筋つけて受け身できる体作り

本日の稽古内容

片手持ち四方投げ

あまり沈まずやってみたり、腰を低くしてやってみたり、色々したが、どの位置がいいのかよく分からない。
組む相手が変わると、変化するのだと思う。

片手持ち入り身投げ

まず相手の後ろに大きく入る。
軸足定めて、転換。

入り身投げも直線の上をまっすぐ移動する感じなんだね。回転投げ(裏)の投げと同じで」とTさん。
なるほど!
やるのは難しい。

半身半立片手持ち入り身投げ

最初に、高い位置にいる相手の頭を下げさせるのが大事。
立っている時は何となく出来ても、座った途端分からなくなる。

「どうやって動くんでしたっけ?」とNeさんに聞く。
「…え?立ってる時と同じでしょ⁇」
ごもっとも…。

立技と同じ。
でも、膝行だと全然動けない。
情けない。

座技胸取り二教

体ごと下がって相手を崩す感覚をつかんでください」とのこと。
体を開くだけではなく、足を使って後ろに下がる。

片手持ち小手返し

入り身転換してから、相手の手を切り放す。
つかまれていた手で相手の腕を上からつかみ、自分のお腹の前に固定する。

後ろ足(つかんでない方の足)を引きながら体を大きく開く。
相手が誘い出されて前のめりになる。

同じ足で相手のお腹の前に踏み込みながら、小手返し。

T先生のお手本は「すかされて前のめりになった」と思っている内に投げられる。
無駄な動きがないんだな。

片手取り小手返し

持たれる前にすっと入り身して、相手の手を取る練習。
「大きな相手にがっちり持たれたら、なかなか難しいからね。本当は、持たれる前に動くべき。」

後ろ両手取り小手返し

受けの動きとしては、相手の正面打ちを手刀で切り下してつかみ、背後に回ってもう片手を取る。
こういう所作も疎かにしないことが大事なのか。
漫然と手を握るんじゃないんだ。

取りは、両腕の張りを保つこと、焦らないことがポイント。
両方持たれてからの時はもちろん、少し動いて相手を誘い込むときでも、自分のお腹の前に両腕を置いて、腕の張りを保つ。
誘い込むときは、焦って先に動かない。

腕を上に張る時、大きく開きすぎない。
後方にやらない(引っ張られる)
自分の斜め前方向。

腕を上に張ってから、畳を指先でこするくらい沈める。
目の前に来た相手の手を取って、小手返し。

半身半立呼吸法

T君と組む。
受け身がすごく柔らかい。羨ましいぞ。

私の方が体重あるだろうけど、背の高さは抜かれつつある。
同じ体格なのに、畳に落ちる時の音が全然違う。
「ぱたっ」と「ドッテーン!」衝撃度合いも違うんだろうな。
スポンサーリンク