入り身~体も気持ちも入り身して、ひとつになる

(Day158は腰越合気道研究会)
Day159  O先生追悼稽古・演武会(茅ヶ崎市総合体育館)2019.11.23 2019.11.27

O先生追悼の催しに参加しました。

入り身の意味

TY師範の稽古では「入り身」を教えていただきました。
入り身=体捌きの一種と思っていましたが、それ以上の意味がありました。

「入り身は相手とひとつになること。」
「体だけでなく、気持ちも入り身すること。」

相手を怖がって大回りする私、入り身が出来るわけない。
気持ちが逃げている。

相手に近付く=相手に当たる・ぶつかる、という意識を捨てよう。
相手を受け入れ、ひとつになる気持ちで入り身する。
だから師範の見取りは柔らかくて優しいのだろう。
合気道の入身の意味
合気道の入り身の意味
(粘田君は道場の一人娘、かぐやに熱烈片想い中)
「やったるぞ!」の気持ちを捨て、ただフワッと入り身する。
  入り身して相手とひとつになれば、押したり引いたりしなくても、ただ一緒に動くだけでいい。

これが分かりやすかったのは、酔っ払いの肩組み(?)稽古でした。

酔っ払いの肩組み稽古

酔っ払いがふたり肩を組んでいるつもりになる。
フラフラと一緒に歩く。
 ひとりが自然にしゃがむと、もうひとりも一緒に落ちる。

「落とそう」「投げよう」の気持ちが湧くと、それが伝わり、相手が反応するので上手くいかない。
ただただ一緒に動くように心掛ける。

「相手とひとつになる」大切さが理解出来ました。

フワッと相手の死角に入り、取りついて意のままに動かしたい。
…こう書くと悪霊みたいだな(笑)

本日の稽古内容

TY師範による研修稽古でした。

ゴロゴロ運動

人数に対して、畳面が狭く、ゴロゴロしすぎると他の組にぶつかりました。

ゴロゴロ運動の変形(肩を組む)

酔っ払い同士が肩を組んで歩くつもりで練習。

ゴロゴロ運動の変形(座技正面打ち一教)

相手の打ち込みを自分の中心に引き込む。 
少しだけ後ろに下がりながら、相手の打ち込みを自分のお腹の前の畳に誘導するつもりで。
空振りしてそのまま落とされる感じで、抵抗感ゼロだった。

入り身の練習(正面打ち入り身投げ)

正面打ちしてくる相手に入り身する。
入り身してひとつになり、そのまま相手の中心に向かっていくと、相手は崩れる。

TY師範がいらしてお手本。
「そんなに構えないで、ただ相手に向かって歩くようにしてご覧。」
 相手に向かって進み、背中で打ち込みをかわして向き直り、相手の後ろにつく。

「そしてこうやって、相手のお腹を引き出してあげる。」
ふわっと煽られて倒れる。
 「強い」というより「抵抗できない」この感じ。
 不思議。すごい。

座技呼吸法

演武会

団体演武に参加しました。
時間は2分とのことで、すぐ終了。

Aさんと互いに片手持ち四方投げを4本ずつ。
投げた時、残心どころかグラついて、手をついてしまいました。
情けない。

O先生

今日の追悼行事では、O先生が敬われ、愛されていたことを再実感しました。

先生にはA.K.I.鵠沼にいらした時に組んでいただきました。
技が重く鋭く速く、受け身をいつも失敗しました。
手加減してもらっても、まともに受けられない…。

「次こそは!」と思っていたのですが、その「次」はありません。
残念です。

一瞬で決まる呼吸法や竜巻のような回転投げ、貴重な体験でした。
ご指導、ありがとうございました。
スポンサーリンク