お祝い~先生が尊敬され、愛されているのを再実感

Day179  藤沢合気道会 2020.2.2  2020.2.8

今日の稽古は、他の道場からも大勢の参加がありました。

T先生の還暦祝い

稽古の後はT先生の還暦祝い。
先生が教えている3つの道場合同だったので、参加者もたくさん。
お祝い前の稽古も賑やかで楽しかったです。

先生がみんなに尊敬され、愛されているのを再実感しました。

お店の予約、プレゼント探し、ケーキの用意、食事代の集金と、色んな方が手配してくれました。
鈴木猛先生7段の還暦祝い
私はただ参加しただけ。
企画について知った時点で、何かやれることあるか聞けばよかったです。
後の祭りだ。いい歳なのに気が回らないなあ。

受け身はDon't think. Feel!

だいぶ受け身が出来るようになったと思っていました。
でも、今日続けて前受け身を失敗。
原因について考えました。

頭を何度かぶつけたのは、子どもの受けを取った時。
ダイナミックな片手持ち呼吸投げ。
手を持たれたまま後ろに倒れ込み、投げ飛ばす技。

子どもを踏まないように…上に倒れ込んで潰さないように…あれ?どっちの腕から受け身するんだ?!と焦ってしまった。

そういえば、上手い人に投げてもらうと大丈夫なのに、ひとりで前受け身するとゴツゴツしやすい。
どこに腕つこう、とか悩むからかも。

先輩や先生の投げは、瞬時に飛ばされる。
自然に受け身とれる。

ごちゃごちゃ考える間があると、失敗する。
私は考えると体の動きが止まってしまう。
Don't think. Feel!ブルース・リー先生が言うように考えちゃダメってこと?

考えるより動こうと思いました。

上手い人は、いつでも安定して綺麗な受け身が取れるんだよな~。
私も回数こなして、体に正しい形をしみこませたい。


この線より下は個人的な稽古備忘録です。

本日の稽古内容

正面打ち一教

しっかりと自分の前で相手に対応する。
(裏)は相手にくっつきすぎると、落とす時に自分の足にぶつかりやすい。
離れすぎず、邪魔にならない場所を見付けたい。

片手持ち呼吸投げ

持たれた腕で相手の首を切り上げる。

片手持ち呼吸投げ

新春奉納稽古でやったことを思い出しつつ、動く。
投げるのではなく、一緒に沈む気持ち。

片手取り呼吸投げ

転換して相手と同じ方向を向き、一緒に歩く。
相手を前へ行かせてあげるつもりで投げる。
下へ投げ下ろさない。

天地投げ

正面打ち入り身投げ

大きく180度回って、相手が誘い込まれるのを待つ。
小足にならない。

自分を中心軸にするより、自分と相手の接点に軸を置いた方が崩れやすい、という先輩。
う~ん、ほんの数ミリの違い。
私はまだたどり着けない境地だ。

逆半身片手持ち呼吸投げ

子どもが投げて、大人が交代で受け。
仰向けに倒れ込みながら投げる。

Y先生、Kさん、Fさん

それぞれ10本ずつ投げてもらう
スポンサーリンク