技には本性が出る~猫をかぶっていたのがバレた

(Day163は腰越合気道研究会)
Day164  A.K.I.鵠沼 2019.12.7  2019.12.11

技には本性が出る

合気道の技には、その人の本性が出ると思います。
きっちりしてる人・繊細な人・丁寧な人・堅実な人・大雑把な人・荒い人・詰めが甘い人…色々です。

それぞれの道場の雰囲気も影響します。
先生・先輩を真似して学ぶから。

藤沢合気道会は優しい技の掛け方をする。
新しい人や中学生もいるし、稽古人数に対して場所が手狭だし。

こちらのA.K.I.鵠沼は、ほぼ全員 おじさん 男性。
ベテラン黒帯と体格いい白帯。
素早い技で魅せるS先生を始め、返し技や当身を多用する先輩、パワフルな熱血コーチ先輩がいます。

どんな時も受け身の心配無用な人ばかりで、稽古場も広々。
技に全力で臨む稽古をさせてもらっています。
それくらい必死にならないと、何もさせてもらえない。

藤沢合気道会のWさんが、出稽古に来ていました。
Wさんにも、こちらの道場モード(全力)でかけちゃったみたい。

「道子さんて…好戦的な人だったんだ…」と怯えてました。
誤解です!
これくらい動かないと、活を入れられるから…その癖が出ちゃっただけです!
せっかく2年間猫かぶっていたのに、バレちゃったな。ちぇっ。
道場によって違う技違う雰囲気
相手によって違う本気度の技
効く技は、必ずしも手荒な技ではない。
焦らずに素早く動き、丁寧にきちんと効かせられるようになりたい。

稽古あるのみ。

次の日の稽古にWさん無事来られたので、ほっとしました。
にやられて と組んで、倒れちゃったら大変です。

呼吸と動き

S先生が呼吸の仕方について教えてくださった。

受け身の時

「受け身を取る時、息を止めてしまいがち。すぐにへばっちゃうから、気を付けてね。」
吸いながら足を動かし、畳に接する時は息を吐く。

取りの時

動き始めの際に息を吸うといい。
打ち込んでくる相手に対し、吸いながら前へ出ると動きやすい。

準備運動・整理運動の時

例えば首を回す時も「半分までは息を吸って~、今度は息を吐いて~」と動きと連動させるように指示してくださる。
いつも意識して動きと呼吸をリンクする癖つけると、息を止めずに動けるようになりそう。

本日の稽古内容

座技正面打ち一教

息を吸いながら、前へ出ると動きやすい。

片手持ち呼吸投げ

持たれた手をシャベルのようにして、自分に向かって土を掘る。
手首の位置は動かさず、千鳥で相手に向かって1歩で距離詰める。

息吸いながら肘を曲げていく。
相手が体勢崩れれば上手く行ってる。

腕を伸ばしながら、相手のお腹に向かって踏み出して投げる(後ろ受け身)

片手持ち呼吸投げ

同じく千鳥で相手に近付く。
相手の手首をつかみ、自分のお腹の前で固定。

もう片腕を相手の首へ切り上げながら、踏み込んで投げる(後ろ受け身)
つかんでいた相手の手首は、投げる時に放す。

横面打ち四方投げ

構え方

相半身に構える。
受けの構えを見て、取りが自分の構えを調整すること。
これが上手くいかなくて、Wさんと同時に何度も足を踏み替えてしまった。

受けは後ろ足を踏み出しながら、同じ側の腕で横面打ちする。(突きも同じ)
(正面打ちはその構えのまま、すり足で出て打つ。前足が出て、後ろ足がついてくる。)

(表) 横面打ちに合わせて、前足を後ろに引きながら転身。
この時、相手に対して体がまっすぐ向いてしまう。

ちゃんと半身になって。相手から、自分の体の表面積がなるべく見えないように。攻撃される場所を減らしてね。」
写真撮る時、細く見せようとやる小細工と同じだ(笑)

投げた時、相手から離れない。
前膝が相手の腕にくっつく位。

周りの状況に対応できるよう、残心の後ろ足は伸ばし切らない。

(裏) 下から突き上げるように、前へ出る。
顎への当身と手首を制する。
腕を下へ切り下ろして四方投げ。

横面打ち小手返し

(表) 左足引きつつ、相手の右手の打ち込みを右手で横へ払う。
左足踏み出しながら、左手で上から手首をつかむ。

右手で相手の小手を返しつつ、右足で相手のお腹の前に踏み込む。
左足引きながら投げる。

(裏) 四方投げの裏と同じようにする。
顔に当身入れた腕をバッテンにして相手の腕の後ろに差し込み、切り下ろす。

横面打ち入り身投げ

(表) 転身で打ち込みをいなす。
相手のお腹側に踏み込みながら、腕を巻き上げるようにして投げる。
襟を引きながら投げると、もっと効果的。

(裏) 四方投げの裏と同じ。
打ち込みを制した後、相手の脇の下から後ろに入身。
背中に取り付いて崩す。

相手が上がってきたら、回りながら相手を投げる。

天地投げ

(表) 相手に向かっていく気持ちで前に出る。
下の腕が、相手の腕の下にならないように。

(裏) 相手を脇に誘い込んでから投げる。

座技呼吸法

跪座で相手の脇に移動して、跪座のまま抑える。
スポンサーリンク