指の側副靭帯損傷~リハビリ開始

2018.12.11 2019.12.30

固定して2週間

右手人差し指の側副靭帯損傷の経過です。

損傷した時の記事はこちら
⇒危険な0.5cmと指の側副靭帯損傷~人間の指は意外と弱い

次回の診療時に、先生の見立て違いが発覚した話はこちら
⇒指の側副靭帯損傷~掌側板損傷も発覚

整骨院のお話はこちら
⇒指の側副靭帯損傷と掌側板損傷~整骨院に行ってみた

怪我から1年後の状態です。
⇒指の側副靭帯損傷と掌側板損傷~1年後の状態

整形外科で副木を作ってもらい、固定して2週間少し経ちました。
結果、稽古も2週間お休みです。
3キロ体重が増えて 悲しい。

まだ人差し指の関節は腫れて、太いです。
腫れている間は、靭帯が完全に治っていません。
でも長期間固定すると、関節が固まってしまうので、指の曲げ伸ばしの練習を始めることになりました。

リハビリ開始

併設のリハビリセンターに通いなさいって言われるかと思いきや
「自分で出来るよね。超音波とか当てても、あんまり変わらないんだよね~」とぶっちゃけトーク。

結局は、本人が頑張るしかないらしい。
側面を痛めているので、指を横向きに動かしたり捻じったりはしない。
痛めてないけど、固定してる間に硬くなった指関節の上側・下側をほぐすため、まっすぐ伸ばす⇔曲げるを繰り返せばいいようです。

そんなの簡単、とやろうとしたら…全然曲がらない!
痛めたのは根本側の関節だから、指先は何の問題もないはずなのに、そちらも曲がらない。
本当に固まってます。
無理やり曲げようとすると、切れている側副靭帯部分ではなく、反対側や指先の関節が痛くなる。
つっぱっている感じです。
指の側副靭帯損傷のリハビリ

リハビリの成果

整形外科から帰ってきて、ずっと右手をグーパーする。
夜には半分くらい曲がるようになりました。
やったね!

そして次の朝、また曲がらない状態に戻っていた…がっかり。
少しずつやるしかなさそうです。

指の側副靭帯損傷のリハビリ成果
指1本でも苦労します。
スポーツ選手は膝や肘などの靭帯切断や手術したりで、本当に大変だろうなと思いました。
リハビリも長期間かかるし、選手生命がかかっているし。

怪我はしないに越したことはないですね。
稽古も出来ないし、仕事にも支障が出るし、家事もやりにくいし、稽古も出来ないし、稽古も出来ない←しつこい!

皆さんもご自愛ください。

次回の診療時に、先生の見立て違いが発覚した話はこちら
⇒指の側副靭帯損傷~掌側板損傷も発覚

整骨院のお話はこちら
⇒指の側副靭帯損傷と掌側板損傷~整骨院に行ってみた

怪我から1年後の状態です。
⇒指の側副靭帯損傷と掌側板損傷~1年後の状態
スポンサーリンク